スリランカ大統領 国外脱出も辞任発表なく コロンボ外出禁止令

経済危機が続くスリランカのラジャパクサ大統領は、当初、13日付けで辞任する意向を示していましたが、すでに国外に脱出し、今も辞任を発表していません。政府は、デモが過激化するのを警戒して、最大都市コロンボに外出禁止令を出しました。

経済危機が続くスリランカのラジャパクサ大統領は、13日付けで辞任する意向を示していましたが、14日になっても辞表は議長に提出されていません。

ラジャパクサ大統領は13日未明、軍用機でモルディブに脱出し、ロイター通信などによりますと、14日にモルディブからシンガポールに向かったということです。

最大都市のコロンボでは13日、首相府や議会の周辺でデモ隊と治安部隊が衝突し、一部が首相府になだれ込み、80人以上がけがをするなど、緊張が高まりました。

一夜が明けた首相府では、治安部隊による警備が続く一方、入り口に設置されていた金属製のフェンスが破壊されるなどの被害が出ていました。

スリランカ政府は、デモが過激化するのを警戒して、いったん解除していた外出禁止令を、14日正午から15日午前5時にかけて、コロンボに出しました。

ラジャパクサ大統領は13日、ウィクラマシンハ首相に権限を委譲したものの、政治的な混乱は当面続くとみられています。

米財務長官「中国が債務の再編を行うことを期待」

G20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議に出席するためインドネシアを訪れているアメリカのイエレン財務長官は14日の記者会見で、経済危機が続くスリランカと中国の関係について「中国は、スリランカの重要な債権国だ。そしてスリランカは明らかに中国に債務を返済する能力がない」と指摘しました。

そして「中国とスリランカの、双方の利益のために、中国が債務の再編を行うことを期待している」と述べ、中国に返済条件の見直しなどを進めるよう求めました。

一方で、スリランカの経済危機に対する中国の対応には大きな進展が見られないと不満を示したうえで「中国がもっと協力的になるようG20のわれわれのパートナーは、中国に圧力をかけてほしい」と述べ、中国に積極的な対応を促していく姿勢を示しました。