アメリカ 「タイム」誌 次号の表紙に安倍氏

アメリカの雑誌「タイム」は、演説中に銃で撃たれ亡くなった安倍晋三元総理大臣を次の号の表紙とすることを明らかにしました。

タイム誌はツイッターに「日本で最も長くリーダーを務めた安倍晋三のレガシー」というメッセージとともに、安倍元総理大臣が腕を組んで遠くを見つめる次の号の白黒写真の表紙を投稿しました。

投稿と合わせてウェブサイト上に掲載された記事では安倍氏について、2020年の退陣までに憲法改正などの目標を達成できなかったとしたうえで「辞任後も日本で最も影響力のある政治家の1人としてみずからの遺産を書き換えようと努めたが、暗殺により途絶えてしまった」としています。

記事では「彼は政治的な巨人だった。バブル崩壊後の景気低迷によって日本人が失った自信を取り戻すことに成功した」などとする識者のコメントも紹介しています。