中国10億人分 携帯番号や犯罪歴など含む個人情報 流出か

中国の10億人分の個人情報だとするデータが、インターネットの闇サイトで、販売されていることがわかりました。販売しているのはハッカーと見られ、中国の警察当局のデータベースから入手したと主張し、氏名や住所のほか、携帯電話の番号や犯罪歴なども含まれているとしています。専門家は、「情報の漏えいがあったとすれば、中国では過去にない規模のものだ」としています。

東京の情報セキュリティー会社「サイント」によりますと、インターネット上の闇サイトで、「ChinaDan」と名乗る匿名の人物が、上海の警察当局のデータベースから入手したとする個人情報を、先月30日から販売していることを確認したということです。

ハッカーと見られる人物は、中国に関係する10億人分の情報があり、氏名や住所、携帯電話番号、犯罪歴などが含まれていると主張していて、20万ドル=日本円にして2700万円あまりの価格を提示しています。

サイトでは一部のデータがサンプルとして公開されていて、セキュリティー会社が調べたところ、中国の市民とみられる人の個人情報のほか、事件捜査に関わるとみられるメモなども含まれていました。

調査を行った「サイント」の岩井博樹さんは「一部の住所を確認したところ実在していた。漏えいした情報かどうかはわからないが、機微な情報と言えるものも多く含まれているようだ。10億人の情報の漏えいがあったとすれば、中国では過去にない規模のものだ」と話しています。
これについて、中国外務省の趙立堅報道官は4日の記者会見で「状況を把握していないのでコメントしない」と話していました。