KDDI 大規模通信障害 全面的に復旧確認と発表 発生から86時間

KDDIは、今月2日の未明に発生したauの携帯電話などの大規模な通信障害について、発生から86時間たった5日午後3時半すぎに全面的に復旧したことを確認したと発表しました。

今月2日の午前1時半すぎに発生したKDDIの大規模な通信障害では、全国でauのほか、同じ回線を使っているUQモバイルとpovoの通話やデータ通信がつながりにくい状況になりました。

また、auの回線を利用する気温などを観測するアメダスや貨物列車の運行など暮らしの広い範囲に影響が及びました。

会社は、4日午後4時になって、データ通信に加え音声通話も全国でほぼ回復したと発表しました。

そして、4日夜の記者会見で全面的な復旧の判断は、5日の夕方になるという見通しを示していましたが、5日午後3時36分に個人や法人がサービスを正常に利用できていることが確認できたと発表しました。

これにより、大規模な通信障害は、発生から86時間、およそ3日半で全面的に復旧しました。

会社は、今回の通信障害で利用者に影響があったのは、2日の午前1時35分から4日の午後3時までだとしていて、最大で3915万の利用者に影響した可能性があるとしています。

一方、総務省は、長時間にわたって障害が続いたにもかかわらず、利用者への周知が十分でなかったとして、外部の有識者でつくる会議でKDDIの対応を検証するほか、会社からの報告を踏まえ行政指導などを検討する方針です。

KDDI オンライン会見“影響確認したうえで補償も含め検討”

KDDIは、大規模な通信障害が全面的に復旧したことを受けてオンラインの記者会見を開き、今後、影響を確認したうえで個人と法人の利用者に対する補償も含めて検討していく方針を明らかにしました。

会見ではまず、技術担当の吉村和幸専務がオンラインで記者会見を開き、「本日、15時36分に音声通話、データ通信ともに、全国的に回復していることと、障害発生前の状況に戻ったことを確認できた」と大規模な通信障害が全面的に復旧したことを報告しました。

そのうえで、全面的な復旧までに発生から86時間、およそ3日半かかったことについて「お客様には、長期にわたり多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げる」と改めて陳謝しました。

そして、利用者への補償についてたずねられたのに対し「障害の復旧を確認できたので、影響範囲を確認していき、お客様に対して補償についても検討する」と述べ、個人と法人の利用者に対し影響を確認したうえで補償を含めて検討していく方針を明らかにしました。

一方、吉村専務は、今回、利用者に影響が出たのは今月2日の午前1時35分から4日の午後3時までだったと説明しました。

これについて吉村専務は「特に法人の顧客も含め、慎重に利用者の状況を確認しつつ、きのうの午後3時以降、24時間にわたって通信量の状態が、前の週と変わらないことも確認していた」と述べました。