山際大臣の街頭演説での発言 官房長官が注意

松野官房長官は、山際経済再生担当大臣が街頭演説で「野党の人からくる話はわれわれ政府は何一つ聞かない」などと述べたことに対し、発言を慎重に行うよう注意しました。

山際経済再生担当大臣は3日、青森県八戸市で行った街頭演説で「野党の人からくる話はわれわれ政府は何一つ聞かない。生活をよくしようと思うなら、自民党、与党の政治家を議員にしなくてはいけない」などと述べ、野党側などから批判が出ています。

これについて木原官房副長官は記者会見で「政府としては国民の声を丁寧に聞き、国民の生活をしっかり守っていくことを基本としている。与野党問わず耳を傾け、野党を無視するようなことはないと明確に申し上げておきたい」と述べました。

そのうえで、松野官房長官が4日朝、山際大臣に対し、発言を慎重に行うよう注意したことを明らかにしました。