【台風4号】離れたところで大雨も 5日に九州かなり接近見込み

台風4号と高気圧からの湿った空気の影響で、台風に比較的近い九州南部だけでなく四国や東海、北陸でも雨雲が発達しています。
台風は5日には九州にかなり接近する見込みで、西日本や東日本の太平洋側を中心に大雨のおそれがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、台風4号は2日夜、沖縄本島付近を通過し、3日午後9時には東シナ海を1時間におよそ10キロの速さで北西へ進んでいます。

中心の気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルです。

台風4号から暖かく湿った空気が流れ込んでいる上、太平洋高気圧のへりを回るように湿った空気が流れ込んでいるため、この時間は九州南部に加え、台風から離れた四国や東海、北陸でも雨雲が発達しています。

福井市付近では、レーダーによる解析で午後7時50分までの1時間におよそ80ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されたほか、午後10時までの1時間には国土交通省が石川県白山市に設置した雨量計で30ミリの激しい雨を観測しました。

また、日中は近畿などでも局地的に雨雲が発達し、午後1時半までの1時間に
▽京都府の京丹波町南部付近でおよそ100ミリ、
▽京都府の福知山市南部付近でおよそ90ミリのいずれも猛烈な雨が降ったとみられ、
「記録的短時間大雨情報」が相次いで発表されました。

台風は5日九州接近へ 西日本太平洋側など大雨おそれ

今後の見通しです。

台風は東シナ海を北上し、次第に進路を東寄りに変える見込みで、5日には九州にかなり接近して上陸するおそれもあり、その後は西日本や東日本の各地に近づくおそれがあります。

このため西日本を中心に非常に激しい雨や激しい雨が降り、各地で大雨となるおそれがあります。

4日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽九州南部で200ミリ、
▽九州北部と奄美地方で150ミリ、
▽四国で100ミリと予想されています。

その後も雨が続き、5日夕方までの24時間には、▽九州南部と奄美地方、九州北部、それに四国で100ミリから200ミリの雨量が予想されています。

進路などによっては東日本でも大雨のおそれがあります。

4日は、九州北部と南部で次第に風が強まる見込みで、最大風速が18メートル、最大瞬間風速が25メートルと予想され、海上ではしけが続く見込みです。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに強風や高波、落雷、それに竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。