大規模通信障害 KDDI社長が陳謝 最大3915万の利用者に影響か

携帯大手のKDDIで2日未明から続いている大規模な通信障害は西日本では復旧作業が3日午前11時ごろに終了したとする一方、東日本では午後5時半ごろに終える見込みで、ネットワークを検証したうえで、本格的な再開時間を決めるとしています。
最大で3915万の利用者に影響した可能性があり、記者会見した高橋誠社長は「社会インフラを支え、安定したサービスを提供する通信事業者として深く反省しています」などと述べ、陳謝しました。

KDDIによりますと2日午前1時半すぎから大規模な通信障害が起き、全国でauのほか、同じ回線を使っているUQモバイルとpovoの通話やデータ通信がつながりにくい状況になりました。

auの回線を利用している事業者のサービスにも影響が出て、物流面など暮らしの広い範囲に影響が及んでいます。

KDDIの高橋社長は3日午前11時から記者会見を開き「社会インフラを支える、また安定したサービスを提供する立場である通信事業者として、深く反省しています。お客様には多大なご迷惑をおかけし深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした」と陳謝しました。

復旧の見通しについて高橋社長は、全国で徐々に回復していると述べたうえで、復旧作業は西日本では3日午前11時ごろに終了したとする一方、東日本では午後5時半ごろに終える見込みで、ネットワークの試験を検証したうえで本格的な再開時間を決めるとしています。

今回の通信障害は、最大で3915万の利用者に影響した可能性があるとしていて、高橋社長は法律上の「重大事故」にあたるという認識を示しました。

通信障害で影響を受けた顧客に対する補償について、高橋社長は「カスタマーサービスにもたくさん意見を頂いているが、いま一律に補償するということは回答を持ち合わせていない」と述べました。

そして「今回の障害の内容をもう少しみたうえで、補償について検討していく。個人、法人問わずご迷惑おかけした。お客様はそれぞれの契約で、サービスを提供しているのでその辺も配慮したい」と述べました。

また高橋社長はみずからの経営責任について問われたの対し「これだけ大きな事故を起こし非常に申し訳なく、経営者として大きな責任があると思う。ただ、今は一刻も早くネットワークを元の状況に戻さないといけない」と述べました。