交通安全呼びかける「宮古島まもる君」が着ぐるみに 沖縄

沖縄県の宮古島の街頭で交通安全を呼びかける島の名物キャラクター「宮古島まもる君」の着ぐるみバージョン「パニパニまもる君」が誕生し、関係者に披露されました。

「宮古島まもる君」は、これまで交通安全を呼びかけるイベントなどに参加する際はトラックに積み込んで運んだり、警察官が顔を白く塗って変装したりと、一苦労でした。

そこで誕生したのが着ぐるみバージョンの「パニパニまもる君」です。
1日、宮古空港の派出所前で行われたお披露目会に「パニパニまもる君」が愛想を振りまきながら登場すると集まった人たちからは拍手や笑いが起きていました。

宮古島警察署の仲宗根宗信署長が「夏休みシーズンを前に人と車の流れが多くなることが見込まれます。パニパニまもる君には機動性を発揮し、ほかのまもる君にはできない場所での交通安全活動を期待しています」とあいさつしました。

そして、東京から到着した観光客にお披露目に立ち会ったことを示す記念の証明書が手渡されました。

証明書を受け取った男性は「まもる君は前に宮古島に来たときに知っていてお披露目に立ち会えてとても光栄です」と話していました。

宮古地区交通安全協会の友利勝一会長は「パニパニまもる君の登場で一人一人が交通ルールを守っていければと思います」と話していました。

「パニパニ」は宮古島のことばで「元気」という意味です。