北海道 再び雨強まる あすの明け方にかけて土砂災害など警戒を

前線と低気圧の影響で北日本では雨が降り続き、川の堤防が崩れて浸水被害が出た北海道では再び雨が強まっています。
気象庁は、北海道では30日の明け方にかけて土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、北海道付近にある前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、北日本では雨が降り続いています。

北海道では29日未明から朝にかけて雨が強まり、旭川市では郊外を流れる川の堤防が崩れ、浸水の被害が出ました。

24時間に降った雨の量は、
▽北海道今金町で124.5ミリ、
▽旭川市で79.5ミリなどと
各地で6月の雨量としては統計を取り始めてから最も多くなりました。

北海道では再び雨が強まっていて、
▽せたな町では午後5時までの1時間に31.5ミリの激しい雨が降りました。

北海道では30日の朝にかけて局地的に雨雲が発達し、激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。

30日夕方までの24時間に降る雨の量は、
いずれも多いところで北海道と東北で100ミリと予想されています。

また、7月1日夕方までの24時間に降る雨の量は、
いずれも多いところで東北でおよそ50ミリと見込まれています。

気象庁は土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に警戒するよう呼びかけています。