校外学習から帰った児童11人 熱中症か うち10人搬送 川崎

28日午後、川崎市の小学校で公園での校外学習から帰った児童11人が、熱中症とみられる体調不良を訴え、このうち10人が病院に搬送されました。全員、意識ははっきりしているということです。

28日午後3時半すぎ、川崎市宮前区の白幡台小学校で、「複数の児童の体調が悪くなった」と消防に通報がありました。

消防によりますと、6年生の児童11人が熱中症とみられる体調不良を訴えていて、このうち10人が病院に搬送されました。

全員意識ははっきりしているということです。

小学校には多くの救急車や消防車が駆けつけ、救急隊員たちが慌ただしく行き交っていました。

警察や市の教育委員会によりますと、6年生は近くの公園で理科の校外学習を行い、学校に帰ってきたあとだったということです。

川崎市に隣接している横浜市では、28日の最高気温が33.2度と真夏日となっていました。

30代の母親「先生には細かな配慮を」

小学生の子どもがいる30代の母親は「何度以上になったら出かけないとか、学校の判断に任せるしかありません。大人が暑かったら子どもはもっと暑いと思います。先生には細かな配慮をしてほしいです」と話していました。