日本の新たな宇宙飛行士選抜試験 最初の試験を205人通過

日本の新たな宇宙飛行士を選ぶため、JAXA=宇宙航空研究開発機構が実施している選抜試験で、最初のオンライン試験を205人が通過したと公表されました。

13年ぶりに実施されている日本の新たな宇宙飛行士を選ぶ試験は、応募者が4127人とこれまでで最も多く、書類選抜で2266人が通過し、本格的な試験が始まりました。

最初の試験となる英語や小論文、それに理数系の知識を問うテストが今月にかけてオンラインで行われ、JAXAは28日、205人が通過したことを公表しました。

このうち、男性は188人で全体の91.7%となり、女性は17人で全体の8.3%となっています。

年代別では20代以下が61人、30代が107人、40代が31人、50代が6人でした。

今後は宇宙船の運用に求められる資質を調べる試験が来月から再来月にかけて行われるなど、合わせて3回の試験が予定されていて、来年2月ごろに最終の合格者が選ばれることになっています。

今回、選ばれた飛行士は、国際的な月探査計画に参加して、月を周回する新たな宇宙ステーションに搭乗するほか、月面に降り立つことも想定されています。

末松文部科学大臣は「最初の応募者数から20分の1にまで絞られた。挑戦された受験者の健闘をたたえたい。将来の月探査を担う優秀な方が選ばれることを期待している」と話していました。