アメリカ中西部で列車脱線 3人死亡50人けが 現地メディア

アメリカ中西部ミズーリ州で列車が脱線する事故があり、アメリカメディアなどによりますと、3人が死亡し、少なくとも50人がけがをしたということです。

アメリカ中西部ミズーリ州で、27日午後1時前、日本時間の28日午前3時前、ロサンゼルスからシカゴに向かっていた長距離列車が踏切でトラックと衝突し、脱線しました。

当時列車には乗客と乗員合わせておよそ250人が乗っていて、地元の警察によりますと、列車に乗っていた2人と、トラックに乗っていた1人の合わせて3人が死亡したということです。

また警察はけがをした人の数を明らかにしていませんが、アメリカメディアはこれまでに少なくとも50人がけがをしたと伝えています。

現地からの映像では、複数の車両が横倒しになり中にいる乗客の救助作業が行われている様子が確認できます。

警察によりますと、現場の踏切には信号機や遮断機などは設置されていなかったということで、警察などが当時の状況を詳しく調べています。