日本-カナダ首脳会談 対ロ制裁継続や価格高騰対応に連携で一致

G7サミット=主要7か国首脳会議でドイツを訪れている岸田総理大臣は、カナダのトルドー首相と首脳会談を行いました。ロシアへの強力な制裁措置を継続するとともに、エネルギーや食料品の価格高騰などに緊密に連携して対応することで一致しました。

日本とカナダの首脳会談は、日本時間の27日夕方行われました。

このなかで両首脳は、ウクライナ情勢をめぐり、G7をはじめ国際社会と緊密に連携しながらロシアへの強力な制裁措置を継続し、ウクライナへの支援も進めるとともに、エネルギーや食料品の価格高騰などに緊密に連携して対応することで一致しました。

また、インド太平洋地域の情勢をめぐって意見を交わし、中国を念頭に、力による一方的な現状変更の試みは認められないという認識で一致したほか、北朝鮮による核・ミサイル開発や拉致問題についても連携していくことを確認しました。

さらに、法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序を維持するため「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて具体的な連携を進めることや、両国を含む11か国が参加するTPP=環太平洋パートナーシップ協定をめぐって緊密に連携することでも一致しました。