将棋「王位戦」あす開幕 藤井聡太五冠と豊島将之九段 再び対決

去年、将棋の3つのタイトル戦で熱戦を繰り広げた藤井聡太五冠(19)と豊島将之九段(32)が、28日に開幕する「王位戦」で再び対決するのを前に、会見でそれぞれ意気込みを語りました。

藤井五冠は去年、同じ愛知出身の豊島九段との間で「王位」「叡王」「竜王」の3つのタイトルをかけて、およそ5か月にわたり熱戦を繰り広げ、いずれも藤井五冠が制しました。

28日に開幕する「王位戦」七番勝負は、前回と同じ顔合わせとなり、2人は対局を前に会場の愛知県犬山市のホテルで会見に臨みました。

3連覇を目指す藤井五冠は「豊島九段とは、ことしに入ってあまり対局がないので、昨年までとは、また違った戦いになると思う。同じ愛知出身2人の対戦で、地元の方には大変注目されているので、期待に応えられるシリーズにしたい」と意気込みを語りました。
一方、豊島九段は「ことしが始まって、また新しい気持ちで将棋に取り組んでいる。タイトル戦に再び出られることをうれしく思っているので、それを盤上に出し、精いっぱいいい将棋を指したい」と話しました。

「王位戦」七番勝負は9月にかけて対局が組まれ、先に4勝した棋士がタイトルを獲得します。