節電呼びかけ 東京都が動画作成「今でしょ!」の林修さん起用

この夏の電力ひっ迫に備えて、これまでも節電対策を呼びかけている東京都は、「今でしょ!」のフレーズで知られる予備校講師を起用して、すぐにでも対策を行ってほしいと呼びかける動画を作り、公開しています。

電力需給ひっ迫注意報が発令される一方、東京都はこれまでも、電力を「へらす」「つくる」「ためる」の頭文字をとって、「HTT」というフレーズで節電対策を呼びかけています。

ことしは電力のひっ迫が見込まれることから、都は、すぐにでも対策を行ってほしいとして、「いつやるの?」「今でしょ!」のフレーズで知られる、予備校講師の林修さんを起用した動画を作りました。

動画では、家庭に設置されたエアコンから顔を出した林さんが、「古い家電、買い替えると電力の節約になりますよ」などと語りかけます。

そして、「今でしょ!」ならぬ、「この夏はHTTでしょ」と呼びかけています。

動画は、都のホームページのほか、公式動画サイト「東京動画」でも見ることができます。

小池知事は「節電対策を行うべきタイミングはたった今からです。だから『今でしょ!』の林さんにお願いしました。節電のためのアプリなども作っているので活用してほしい」と話していました。