新潟でことし初の37度超 広い範囲で気温上昇 熱中症に警戒を

九州から東北にかけての広い範囲で24日も気温が上がり、新潟県ではことし初めて37度を超えるなど猛烈な暑さとなっています。こまめな水分補給や我慢せず冷房を適切に使用するなど熱中症に警戒してください。

気象庁によりますと、太平洋側では高気圧の張り出しが強まって太平洋側では晴れのところが多く、日本海側では山越えの暖かい空気が吹き降ろす「フェーン現象」などの影響で九州から東北にかけての広い範囲で気温が上がっています。

新潟県では、
▽十日町市で午後2時前に気温が37.1度、
▽上越市大潟で正午前に37度ちょうどと、
ことしはじめて37度に達しました。

このほか各地で猛烈な暑さとなり、午後3時半までの最高気温は
▽香川県東かがわ市引田で36.9度、
▽富山県魚津市で36.3度、
▽京都府京田辺市で35.6度、
▽三重県伊賀市で35.5度、
▽長野市で35.4度、
▽岡山市で35度ちょうどとことし最も高くなりました。

また、
▽大分市で34.8度、
▽大阪市で34度ちょうど、
▽東京の都心で32.6度、
▽名古屋市で32.1度、
▽福岡市で32度ちょうど、
▽福島市で31度などと各地で真夏日となりました。
全国的な厳しい暑さは25日以降、来週にかけても続き、ところによっては35度以上の猛暑日になるところがある見込みです。

この時期はまだ暑さに慣れていないため、こまめに水分を補給したり我慢せず冷房を適切に使用したりして、熱中症に警戒してください。