東武鉄道 車内の液体 毒性確認されず 搬送された乗客2人は回復

24日朝、千葉県内を走る東武野田線の車内の床に、液体が広がっているのがみつかり、乗客2人が一時、体調不良などを訴えましたが回復したということです。液体に毒性は確認されておらず、警察が詳しい状況を調べています。

24日午前6時すぎ、東武野田線の柏発、大宮行きの、上りの普通電車の車内で「腐ったようなにおいがする」などと、乗客から消防に通報がありました。

電車は近くの野田市駅にとまり確認したところ、6両編成の2両目の車内の床に液体が広がっているが見つかったということです。

警察によりますと、この車両には当時、およそ30人から40人が乗っていて、このうち10代の女性2人が体調不良を訴えるなどして病院に搬送されましたが、回復したということです。

また、液体は無色でにおいはなく、簡易検査では毒性は確認されなかったということです。

液体は、始発となる柏駅を出る際に、すでに車内の床にあり、走行中に徐々に広がったということで、警察は、液体の分析を進めるとともに詳しい状況を調べています。

この影響で、東武野田線は周辺の一部区間で1時間余り、運転を見合わせました。

通報のあった列車の乗客「全員、列車から降りるよう指示された」

液体が広がっていた列車に乗っていた男性が野田市駅で撮影した写真では、止まっている列車とともに、白い防護服のようなものを身につけた人物が、女性から話を聴いている様子が写っています。

男性によりますと、女性はその後、救急車で搬送されたということです。

男性は、「列車に乗っていたときは寝ていたので混乱には気付きませんでしたが野田市駅に到着した時に『液体がまかれた』とアナウンスがあり、乗客は全員、列車から降りるよう指示されました。そして、駆けつけた警察官が『前から2両目にいた人の話を聞きたい』と声をかけていました。私が気付いたときには2両目はすでに清掃が終わった様子で、特に臭いなどは感じませんでした」と話していました。