ドイツサッカー連盟 男女どちらのチームか自分で選択可能に

ドイツサッカー連盟は23日、心と体の性が一致しないトランスジェンダーなどの選手が男女どちらのチームでプレーするかを自分で選択できるようになったと発表しました。

ドイツサッカー連盟は2022年から2023年にかけてのシーズン以降に適用される選手のプレーの権利について新たな規則を定めました。

それによりますと、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの選手や、自認する性が男性と女性の枠にとらわれないノンバイナリーの選手、それに、男性と女性の体の特徴を合わせ持つインターセックスの選手は男女どちらのチームでプレーするかを自分で選択できるようになったということです。

ドイツではこれまで身分証明書に記載された性別によって男女どちらでプレーするか決まっていましたが、2018年から「男性」や「女性」以外を身分証明書に記載することも選べるようになっていたということです。