北海道・九州 非常に激しい雨のおそれ 西・東日本は猛暑日に

低気圧や前線の影響で北海道では雨雲が発達し激しい雨が降っています。25日にかけては北海道や九州で局地的に非常に激しい雨が降るおそれもあり、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒が必要です。
一方、西日本と東日本ではすでに猛暑日となるなど、厳しい暑さとなっていて、熱中症にも警戒してください。

気象庁によりますと、日本海にある低気圧からのびる前線の影響で、北海道や東北、九州には発達した雨雲がかかっています。

午前10時までの1時間には、▽北海道の登別市で45.5ミリの激しい雨が降りました。

北海道では24日夜にかけて、九州北部ではあす昼ごろまで局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

25日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで▽北海道で180ミリ、▽九州北部で120ミリ、▽中国地方で100ミリと予想されています。

さらに九州北部では26日朝までの24時間に、多いところで50ミリから100ミリの雨が降る見込みです。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに北海道では暴風にも警戒を呼びかけています。

また25日にかけて東日本と西日本の広い範囲で上空に寒気が流れ込み大気の状態が不安定になる見込みです。

急な激しい雨や落雷、竜巻などの突風に十分注意してください。

猛暑日予想も 熱中症に警戒

一方、太平洋側では高気圧の張り出しが強まって晴れのところが多く、日本海側では山越えの暖かい空気が吹き降ろす「フェーン現象」も加わって西日本や東日本で厳しい暑さとなっています。

午前11時半までの最高気温は▽新潟県上越市大潟で35.9度、▽石川県小松市で35.6度、▽高松市で35.4度など北陸や四国で猛暑日となっているほか、▽三重県尾鷲市で34.5度、▽長野市で33.5度、▽大阪市で32.9度、▽東京の都心で31度ちょうどなどと、西日本と東日本の広い範囲で厳しい暑さとなっています。

このあとも気温が上がり、日中の最高気温は▽新潟県上越市で37度▽富山市と高松市、兵庫県豊岡市で36度、▽奈良市や大分市で35度と猛暑日が予想されているほか、▽大阪市やさいたま市で34度などと予想されています。
さらに、25日から来週にかけては関東甲信の内陸などで気温の高い状態が続き、35度以上の猛暑日になるところがある見込みです。

この時期はまだ暑さに慣れていないため、こまめに水分を補給したり、冷房を適切に使用したりして、熱中症に警戒するようにしてください。