給付金詐欺 “国の予算枠 決まっているので早く”などと勧誘か

国から支給される「持続化給付金」をだまし取ったとしてインドネシアから日本に移送された47歳の容疑者が逮捕された事件で、容疑者がうその申請の名義人を勧誘する際、「国の予算枠が決まっているので早いほうがいい」などと相手をせかすような説明をしていたことが関係者への取材で分かりました。

住所・職業不詳の谷口光弘容疑者(47)は22日、滞在先のインドネシアから日本に移送され、うその申請をして国の持続化給付金をだまし取ったとして詐欺の疑いで逮捕されました。

容疑者は一家を含むグループの指示役とみられていますが、うその申請の名義人を勧誘するセミナーなどにもみずから出向いていたということです。

その際、「国の予算枠が決まっているので早いほうがいい」などと相手をせかすような説明をしていたことが関係者への取材で分かりました。

おととし勧誘されて名義人になったという男性は、NHKの取材に対し「容疑者からは『国がとにかく救済のためにやっている施策なので申請しておくべきだ』とか『私のところではすでに400人くらいが予約待ちをしている』といったことも言われた。当時は経営していた飲食店が厳しい状況だったので、不審に感じながらも申請をお願いしてしまった」と話していました。

警視庁はグループがこうした手口で名義人を増やし、これまでにおよそ10億円を不正に受給したとみて調べています。

容疑者の認否については明らかにしていません。