観光船沈没事故から2か月 行方不明者の集中捜索も手がかりなし

北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故から2か月となる23日、警察は行方不明者を捜すため現場周辺の海域などで集中的な捜索を行いましたが、新たな手がかりは見つかりませんでした。

ことし4月23日に知床半島の沖合で観光船「KAZU 1」(19トン)が沈没した事故は、乗客14人が死亡し、今も12人の行方が分かっていません。

警察は21日から集中的な捜索を行っていて、事故の発生から2か月となる23日も40人体制で現場周辺の海域や海岸で行方不明者の手がかりを捜しました。

このうち北海道東部の根室半島の沿岸では午前9時半に警察官およそ20人が集まり、捜索に先立って観光船が沈没した知床の方角に黙とうをささげました。

その後、警察官たちはボートに乗り込んで沿岸付近の捜索に向かったほか、陸上では波消しブロックの隙間をのぞき込みながら漂着物などがないか丹念に捜しました。

警察によりますと、3日間にわたる集中捜索は23日夕方までに終了し、新たな手がかりは見つからなかったということで、今後は通常業務の中で捜索を継続するということです。