わざと屋根壊し“台風被害” リフォーム会社 元社長ら逮捕

台風被害を無料で点検すると持ちかけて、神奈川県藤沢市の住宅に上がり込み、屋根をわざと壊して保険金をだまし取ったとして、リフォーム会社の元社長らが逮捕されました。
会社は2億円以上を売り上げていて、警察が実態の解明を進めています。

逮捕されたのは、茅ヶ崎市にあったリフォーム会社「成相ハウス」の元社長で、現在は別の会社を経営している相田大緒容疑者(31)ら6人です。

警察によりますと6人は、おととし、藤沢市内の2軒の住宅に「台風で被害が出ていないか無料で点検する」と言って上がり込み、屋根をわざと壊したうえで「保険金で工事費を賄う」と持ちかけて、保険金を請求し、合わせて300万円余りを不正に受け取ったとして、詐欺などの疑いが持たれています。

調べに対し、6人とも容疑を否認し、このうち元社長は「現場から報告を受けていないので分からない」などと供述しているということです。

警察によりますと「成相ハウス」は、藤沢市や茅ヶ崎市を中心に住宅に電話をかけたり、訪問したりして、台風被害の無料点検を持ちかけていたということです。

おととし12月までの1年半で、およそ2億6000万円を売り上げたということで、警察は実態の解明を進めています。