西日本で今年初の猛暑日 あすから関東や東海でも厳しい暑さ

23日は西日本を中心に暖かい空気に覆われ、35度以上の猛暑日になったところもありました。24日から関東や東海などでは厳しい暑さが続く見込みで、熱中症に警戒してください。

気象庁によりますと西日本の上空には暖かい空気が流れ込み、西日本や北陸、東海などで気温が上がりました。

日中の最高気温は
▽鳥取市青谷と宮崎県延岡市で36.1度、
▽松山市で35.5度、
▽大分市で35.4度と西日本ではことし初めての猛暑日となりました。

また
▽福井市で34.3度、
▽京都市で33.3度、
▽愛知県豊田市で33度ちょうど
▽長野市で32度ちょうどと
各地で30度以上の真夏日となりました。

【24日以降関東など暑さ続く 熱中症警戒を】

高気圧の張り出しが強まるため関東甲信や東海などでも24日以降、厳しい暑さが続く見込みです。

24日の日中の最高気温は
▽新潟県上越市で36度、
▽高松市や富山市で35度、
▽金沢市や前橋市で34度、
▽東京の都心で31度と予想されています。

25日 土曜日から来週30日ごろにかけては関東甲信の内陸などで35度以上の猛暑日になるところがある見込みです。

この時期はまだ暑さに慣れていないためこまめな水分補給のほか、冷房の使用など、熱中症に警戒するようにしてください。

【北海道は低気圧接近で大荒れ 警戒を】

一方、北上した梅雨前線は低気圧を伴って北海道や東北に近づく見通しです。

北海道では24日、日本海側を中心に一時間に50ミリの非常に激しい雨が降って大雨になる見込みです。

風も強まり、日本海側では最大瞬間風速が35メートルに達するおそれがあります。

気象庁は北海道では暴風や大雨による土砂災害、低い土地の浸水、川の増水に警戒を呼びかけています。