京都の新興メーカー EVトラック開発 組み立て委託でコスト削減

京都の新興メーカーが開発したEV=電気自動車のトラックが公開されました。みずからは企画や設計に専念し、組み立ては中国のメーカーに委託することで価格を抑えたとしていて、大手メーカーもEVトラックの開発を加速させる中、今後、競争が活発になりそうです。

EVのトラックを公開したのは、京都にある新興のメーカー、フォロフライです。

公開されたEVトラックは積載量は1トンで、一度の充電でおよそ300キロ走行できるとしています。

自動車の分野では、設計から組み立てまで一貫して自社で手がける「垂直統合型」が一般的ですが、この会社は、みずからは企画や設計に専念し、組み立ては中国のメーカーに委託する、半導体やスマートフォンの分野に多い「水平分業型」でビジネスを展開しています。

自社の工場を持つ必要がないため、コストの大幅な削減につながったとしていて、価格をおよそ400万円に抑え、およそ1万台を国内の大手物流会社に納入する計画だということです。
この会社の中尾源COO=最高執行責任者は「スーパーや倉庫業など、幅広い業種から引き合いがあり、企業の間でカーボンニュートラルへの意識が高まっていると感じる」と話しています。

EVのトラックをめぐっては、日野自動車がことし夏に、いすゞ自動車が年度内と、大手メーカーも相次いで販売に乗り出す方針で、今後、競争が活発になりそうです。