北朝鮮 軍会議で前線部隊の追加の作戦任務について話し合いか

北朝鮮のメディアは、朝鮮労働党中央軍事委員会の拡大会議の2日目が22日開かれ、前線部隊の追加の作戦任務について話し合われたと伝えました。会議は、23日も開かれる見通しで加速する核・ミサイル開発について、具体的な方針が示されるのかが焦点です。

23日付けの北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、キム・ジョンウン(金正恩)総書記が出席して、21日から1年ぶりに開かれている党中央軍事委員会拡大会議について、2日目の22日は、軍の作戦や組織改編について話し合われたと伝えました。

会議では「党の軍事戦略的方針に従い、軍の前線部隊の作戦任務を追加し、作戦計画を修正する事業について討議した」としていて、紙面にはキム総書記や軍の幹部らが地図を前に話し合う写真が掲載されていますが、地図は判別できないよう加工されています。

また「キム総書記は前線部隊の作戦能力を高めるため、軍事的対策を進める党中央の戦略的見解と決心を明らかにした」としています。

これについて韓国の通信社、連合ニュースは「核弾頭を搭載した短距離ミサイルを最前線の部隊で運用することに関わるものと分析できる」という見方を伝えています。

会議は23日も開かれる見通しで各国が警戒する7回目の核実験を含め、核・ミサイル開発について具体的な方針が示されるのかが焦点です。