東北新幹線きょう開業40年 最高時速320キロ さらなる高速化も

東北新幹線が岩手県の盛岡駅と埼玉県の大宮駅との間で開業してから23日で40年です。
この40年で延べ19億人が利用し、最高時速は当初より100キロ以上速くなりました。

東北新幹線は40年前の1982年6月23日に岩手県の盛岡駅と埼玉県の大宮駅の間で開業しました。

開業の3年後に東京の上野駅、9年後に東京駅まで延伸したほか、2002年には青森県の八戸駅まで延伸し、12年前に東京と新青森の全線で開業しました。

JR東日本によりますとこの40年間の東北新幹線の利用者は、延べ19億人となっています。

速度アップも進み、開業時は最高時速は210キロで、盛岡ー上野間は乗り換え時間も含めておよそ4時間かかっていましたが、現在は最高時速は320キロまでアップし、盛岡ー東京間は最短で2時間10分で結ばれています。

東北新幹線は、北海道新幹線が札幌に延伸する2030年度を目指してさらなる高速化にも取り組んでいて、ビジネスや観光などで東北と首都圏を結ぶ大動脈としての役割が期待されています。