能登沖の地震観測点で通信機器障害 緊急地震速報発表遅れも

今週、震度6弱と5強の揺れを観測するなど、活発な地震活動が続く石川県能登地方の島にある気象庁の地震の観測点で、22日午後から通信機器の障害が起きています。気象庁は地震が相次ぐ地域が震源の場合、緊急地震速報の発表が最大で5秒程度遅れる可能性があるとして注意を呼びかけるとともに、復旧を急ぐことにしています。

気象庁によりますと、輪島市の市街地から北におよそ50キロ沖合の「舳倉島」にある観測点で、22日午後1時25分ごろから地震計や震度計などのデータが送れないトラブルが発生し、現在も復旧していないということです。

詳しい原因は不明ですが、通信機器の障害とみられるということです。

この影響で島の観測データを緊急地震速報の発表に活用できない状態となっていて、気象庁は、島の周辺を震源とする地震では最大で10秒程度、活発な活動が続く能登地方を震源とする地震では最大で5秒程度の遅れが出る可能性があると説明しています。

珠洲市で▽震度6弱を観測した今月19日の地震で見積もるとおよそ1.2秒、▽震度5強を観測した翌20日の地震ではおよそ1.6秒の遅れが生じる計算になるということです。

津波警報などの発表に影響はないとしています。

舳倉島の周辺では23日以降荒れた天気が見込まれるため、復旧は早くとも来週以降になるということで、気象庁は「能登地方では地震活動が続いている中、ご心配をおかけすることになるが、早急な復旧に努めたい」とコメントしています。