アフガニスタン東部で地震 1000人死亡1500人ケガ 国営メディア

日本時間の22日朝6時前、アフガニスタン東部を震源とする地震があり、アフガニスタンの国営メディアは死者がおよそ1000人に上っていると伝えています。

USGS=アメリカの地質調査所によりますと、震源はパキスタンとの国境に近いアフガニスタン東部のホスト州で、深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.9と推定されています。

この地震について、アフガニスタンの国営メディアは「パクティカ州とホスト州でおよそ1000人が死亡し、1500人がケガをした」と伝えています。

パクティカ州の警察はNHKの取材に「地震で家が倒壊している」と話し、現地へ救援隊を派遣していることを明らかにしました。

一方、震源地のホスト州の当局者も多くの被害が出ているとしています。