収穫前の約5000個の桃 車使い短時間に盗難か 山梨 笛吹

山梨県笛吹市の畑から収穫前の桃およそ5000個が盗まれ、現場には車を乗り入れて短時間に桃を持ち去ったとみられる痕跡が残されていたことが、捜査関係者などへの取材で分かりました。

21日午後3時ごろ、笛吹市八代町北の畑で、農家の男性が栽培している桃が大量になくなっていることに気付き、警察に通報しました。

警察によりますと、盗まれたのは収穫を目前に控えた「みさか白鳳」という品種の桃およそ5000個で、被害額はおよそ150万円に上ります。

その後の調べで、桃の木の下に敷かれた日光を反射させて実の色づきをよくするための白いシートに車のタイヤの跡が残されていたことが捜査関係者などへの取材で分かりました。
タイヤの跡が見つかった場所は畑の入り口付近で、桃は本来、実だけを丁寧に収穫しますが、周りの木の枝の一部は実がついたまま折られ、葉も散らかっていました。

警察は、畑の中に車で乗り入れたうえ、枝ごと折るなど荒っぽい手口で短時間に持ち去ったとみて捜査しています。