将棋 藤井五冠 “最年少名人”記録更新かかる順位戦初戦始まる

将棋の藤井聡太五冠(19)が「名人戦」の挑戦権をかけて臨む「順位戦」の初戦が名古屋市で始まりました。
「最年少名人」の記録更新もかかる戦いで、注目されます。

藤井五冠は、将棋の八大タイトルで最も歴史の長い「名人」への挑戦者を決めるリーグ、順位戦の「A級」に今期から在籍し、22日、名古屋市で初戦を迎えました。

相手は日本将棋連盟の会長を務める佐藤康光九段(52)で、午前10時、藤井五冠の先手で対局が始まりました。

最年少での名人獲得は、谷川浩司十七世名人(60)が39年前に記録した「21歳2か月」です。

現在19歳の藤井五冠がこの記録を更新するには、22日からの「順位戦」でトップの成績を収めて挑戦権を獲得し、名人との七番勝負を制する必要があり、今回が最初で最後のチャンスとなります。

対局の勝敗は22日夜遅くに決まる見通しです。

一方、22日の対局は、日本将棋連盟が東京と大阪に次ぐ3か所目の公式対局拠点として設けた「名古屋将棋対局場」のこけら落としの対局となり、対局前には藤井五冠も参加してテープカットのセレモニーが行われました。