参議院選挙スタート 注目選挙区の候補者は

今回の参議院選挙は、選挙区と比例代表合わせて545人が立候補を届け出ました。注目選挙区の候補の訴えです。

東京【定員6】候補者全国最多34人 各党しのぎを削る

東京選挙区の定員は全国で最も多い6です。

候補者も全国最多の34人。

前回、前々回の選挙ではいずれも与党と野党が3議席ずつ分け合っていて、今回も、各党がしのぎを削る選挙戦が予想されます。
東京選挙区に立候補したのは、届け出順に
▽NHK党の新人のセッタケンジ氏(51)
▽日本第一党の新人の菅原深雪氏(60)
▽れいわ新選組の元議員の山本太郎氏(47)
▽諸派の新人の中村之菊氏(42)
▽新党くにもりの新人の安藤裕氏(57)
▽日本維新の会の新人の海老澤由紀氏(48)
▽ファーストの会の新人で、国民民主党が推薦する荒木千陽氏(40)
▽社民党の新人の服部良一氏(72)
▽NHK党の新人の長谷川洋平氏(45)
▽共産党の現職の山添拓氏(37)
▽NHK党の新人の猪野恵司氏(38)
▽公明党の現職の竹谷とし子氏(52)
▽NHK党の新人の田中健氏(56)
▽諸派の新人の沓澤亮治氏(54)
▽諸派の新人の桑島康文氏(60)
▽諸派の新人の小畑治彦氏(36)
▽諸派の新人の後藤輝樹氏(39)
▽自民党の現職の朝日健太郎氏(46)
▽諸派の新人の込山洋氏(48)
▽幸福実現党の新人の及川幸久氏(62)
▽諸派の新人の青山雅幸氏(60)
▽自民党の新人の生稲晃子氏(54)
▽立憲民主党の新人の松尾明弘氏(47)
▽立憲民主党の現職の蓮舫氏(54)
▽諸派の新人の斎木陽平氏(30)
▽維新政党・新風の新人の河野憲二氏(74)
▽無所属の新人の乙武洋匡氏(46)
▽無所属の新人の中川智晴氏(64)
▽諸派の新人の田村真菜氏(34)
▽諸派の新人の内藤久遠氏(65)
▽NHK党の新人の松田美樹氏(35)
▽参政党の新人の河西泉緒氏(41)
▽無所属の新人の油井史正氏(78)
▽無所属の新人の中村高志氏(62)
以上の34人です。

岩手【定員1】

1つの議席を争う岩手選挙区。

立憲民主党の現職の木戸口さんは、共産党や社民党の県組織から支援を受け、2期目を目指します。

自民党は、弁護士の広瀬さんを擁立し、公明党の推薦を得て、党として30年ぶりの議席獲得を狙います。
岩手選挙区に立候補したのは届け出順に
▽自民党の新人で、公明党が推薦する広瀬めぐみ氏(56)
▽参政党の新人、白鳥顕志氏(51)
▽立憲民主党の現職で、共産党と社民党の県組織が支援する木戸口英司氏(58)
▽NHK党の新人、松田隆嗣氏(48)
▽無所属の新人、大越裕子氏(58)
以上の5人です。
広瀬候補(自民・新)
「岩手に暮らす皆さんの生活を豊かにしたい。みんなが幸せに暮らせる、そういう岩手にしたい。人口減を終わらせてたくさんの子どもたち、女性、若い人たち、みんながここで幸せに暮らしていけるような、そういう岩手にしてまいります」

白鳥候補(参政・新)
「今までの既存政党とは仕組みが全く違います。そろそろ目を覚まして、若い方が夢を描けるような社会にしていきましょう」

木戸口候補(立民・現)
「まずは消費を高めること。このことをいちばんに考えてまいります。徹底的に、この物価高騰とたたかい、その対策をしっかりと皆さんの手に、そして事業者の皆さんの手に届く。その制度、予算を構築してまいります」

松田候補(N党・新)
「出生率を上げる、人口を増やす、ここからスタートしていかないとすべての問題は解決しないと考えておりますので、日本をもう一度成長する国にしていきたい」

大越候補(無・新)
「消費税10%廃止、冷静沈着に国政、外交ともに日本国のために貢献したいと思っております」

山形【定員1】

1つの議席を争う山形選挙区。

3年前と6年前の選挙では、野党系候補が自民党の候補を破っています。

今回は、国民民主党の現職の舟山さんが、立憲民主党県連の支援も受けて3期目を目指します。

対する自民党は、一時、候補者擁立の見送りも検討しましたが、調整の結果、元県議会議員の大内さんを擁立し、公明党の推薦を受けて、議席獲得を狙います。

さらに共産党も、新人で党県委員を務める石川さんを擁立しています。
山形選挙区に立候補したのは、届け出順に、
▽参政党の新人、黒木明氏(48)
▽国民民主党の現職、舟山康江氏(56)
▽共産党の新人、石川渉氏(48)
▽NHK党の新人、小泉明氏(51)
▽自民党の新人で、公明党が推薦する大内理加氏(59)
以上の5人です。
黒木候補(参政・新)
「山形が抱える問題、人口減少。1次産業が盛んな地域、そこに人間が人がどんどん集まり、そして子を育てていく。そういう山形を作りたい」

舟山候補(国民・現)
「木材価格も、燃料価格も、原材料価格も全部上がっています。菅政権、そしてそれに続く岸田政権。検討、検討、検討、検討はもうたくさんなんです。ガソリン税、消費税下げる決断、このみなさんの声、大きな声を上げればその実現に1歩でも2歩でも近づいていきます」

石川候補(共産・新)
「給料がさっぱり上がらず物価だけが上がっていく。これでは生活が苦しくなるばかりではありませんか。皆さんこの政治をご一緒に変えていきましょう。消費税を緊急に5%に減税し皆さんの暮らしを支えていきます」

小泉候補(N党・新)
「ヤングケアラーの救済、まわりでケアするフォローするヘルプしてあげる。そういうことができる地域をつくっていければと思っております」

大内候補(自民・新)
「どんどん若い人が県外に流出している。働く場がないことと賃金の格差です。私はこの地方が抱えている共通の課題をなんとか克服したい。政権与党直結で、岸田政権のお力をお借りして、そして仕事をさせていただくことだと思っています」

新潟【定員1】与野党が対決する構図

新潟選挙区は定員が1の「1人区」で、与野党が対決する構図です。

自民党は元県議会議員の小林さんを擁立し、公明党の推薦も受け、議席の奪還を狙います。

立憲民主党の現職で党の参議院幹事長を務め、4期目を目指す森さんは、社民党の推薦も受け、野党勢力を結集させたい考えです。
新潟選挙区に立候補したのは届け出順に
▽参政党の新人、遠藤弘樹氏(42)
▽NHK党の新人、越智寛之氏(48)
▽立憲民主党の現職で社民党が推薦する森ゆうこ氏(66)
▽自民党の新人で公明党が推薦する小林一大氏(49)
以上の4人です。
遠藤候補(参政・新)
「本当に国民の方を向いて働く、そういう人たちを選ばなければ、私たちの生活さえもままならないんです」

越智候補(N党・新)
「NHKから裁判される方を全力でお守りし、高齢者、年金で暮らせる方に関しては、NHK受信料は無料と」

森候補(立民・現)
「異常な物価高、皆さまの生活を、職場を襲っております。岸田インフレから皆さまの生活を守り、そして働く人たちを守り、地域の経済を守るために、戦ってまいります」

小林候補(自民・新)
「原油・原材料・食料・肥料・飼料。こうしたもの、苦しんでいらっしゃる皆さまに寄り添っていかなければなりません。経済を活性化し、そしてまた、雇用と所得を上げる。新潟が元気になれば日本が元気になります。新潟の政治の風景を変えてまいります」

京都【定員2】

2議席を争う京都選挙区。

長く自民党と野党が1議席ずつ分け合ってきました。

今回、自民党は、二之湯国家公安委員長が引退することから吉井さんを擁立し、公明党の推薦も受け、議席の維持を目指します。

立憲民主党の現職、福山さんは5回目の当選を目指します。

日本維新の会は楠井さんを擁立。国民民主党が推薦しています。

共産党は武山さんを擁立し、前回3年前に続く議席の獲得を狙います。
京都選挙区に立候補したのは、届け出順に
▽共産党の新人、武山彩子氏(51)
▽立憲民主党の現職、福山哲郎氏(60)
▽新党くにもりの新人、平井基之氏(43)
▽維新政党・新風の新人、橋本久美氏(53)
▽NHK党の新人、星野達也氏(33)
▽参政党の新人、安達悠司氏(40)
▽NHK党の新人、近江政彦氏(52)
▽日本維新の会の新人で、国民民主党が推薦する楠井祐子氏(54)
▽自民党の新人で、公明党が推薦する吉井章氏(55)
以上の9人です。
武山候補(共産・新)
「モノの値段はどんどん上がるのに、賃金も年金も下がりっぱなし。おかしくないですか。誰もが不安なく生きられるようにするのが政治の仕事ではないでしょうか。多様な声で政治を前に進めましょう。大激戦区、この京都から、必ず、私、国会で頑張らせていただきます」

福山候補(立民・現)
「国民全部に物価高の打撃が、もう大きくなろうとしている。この物価高を吸収できるのには、消費税を時限的に5%に下げるしかないと思っています。まっとうな、そしてぶれない強い野党が絶対に必要なんです」

平井候補(くに・新)
「現在の緊縮財政論から抜け出す必要があろうかと思います。できるかぎり財政出動論を大きく進めたいと思います」

橋本候補(新風・新)
「私自身が教育の現場で20年以上働いて参りましたので、子どもたち、そして子育て支援。訴えさせていただきます」

星野候補(N党・新)
「国民目線であったりとか、国民感覚っていうのを大切にしながら。希望のある日本を共に一緒につくりあげていきたいなと」

安達候補(参政・新)
「私たちはこの子どもの教育、食と健康、そして国の守り。国民を、将来の国民をきちんと守っていきたい」

近江候補(N党・新)
「受信料問題。年金受給者の方々、無料にする公約を掲げております。これを推し進めたいと思います」

楠井候補(維新・新)
「特にこのコロナで、浮き彫りになった経済格差の問題、また、ずっと置き去りにされ、なんとか頑張ろうとしていたものの停滞を続けている少子対策の問題。働く人の目線、主婦の目線。みなさまと同じ感覚を大切に政治の中に持ち込み国を変えてまいります」

吉井候補(自民・新)
「アフターコロナの中で社会経済活動を前へ進めていく。同時に失われた経済を復活させていく。しっかりと財政出動をし、給料をあげて、そしてGDPの6割となる消費にしっかりと結びつけていく」

兵庫【定員3】過去最多 13人による激しい争い

兵庫選挙区の定員は3。

自民党の末松さん、公明党の伊藤さん、日本維新の会の片山さんの3人の現職が議席維持を目指します。

これに新人の立憲民主党の相崎さんや共産党の小村さんらが議席の獲得を狙います。

兵庫選挙区で過去最多となる13人による激しい争いです。
兵庫選挙区に立候補したのは、届け出順に
▽参政党の新人、西村しのぶ氏(59)
▽日本維新の会の現職の片山大介氏(55)
▽無所属の新人、木原功仁哉氏(38)
▽新党くにもりの新人、稲垣秀哉氏(53)
▽NHK党の新人の速水肇氏(37)
▽公明党の現職で自民党が推薦する伊藤孝江氏(54)
▽幸福実現党の新人、里村英一氏(61)
▽維新政党・新風の新人、黒田秀高氏(75)
▽自民党の現職の末松信介氏(66)
▽NHK党の新人の山崎藍子氏(37)
▽立憲民主党の新人で社民党が推薦する相崎佐和子氏(49)
▽NHK党の新人の中曽千鶴子氏(60)
▽共産党の新人の小村潤氏(46)
以上の13人です。
西村候補(参政・新)
「現場の声、ご高齢者の声、それがちゃんと政策につながっているのか。日本の将来のためにここでなにかやらないといけない」

片山候補(維新・現)
「コロナで明らかになったように国と地方の権限があいまい、しがらみにとらわれて規制改革だって十分にできない。こうした今の国の不作為を変えていく。大きく、この日本を変えるその発信をこの兵庫県からやっていきたい」

木原候補(無・新)
「まず喫緊の課題としては脱マスク社会の実現、そしてワクチン被害者の救済、これを絶対にやらなければならないという思いで立候補しました」

稲垣候補(くに・新)
「この間違った経済政策、もういい加減みなさん怒っていいんですよ。消費税をゼロにし、積極的な財政出動を行って日本経済を再生軌道に乗せる」

速水候補(N党・新)
「ちょっと体を動かすだけでもうつとか認知症の予防になります。健康増進政策国民スポーツ補助金制度を皆さんご支持いただけますようよろしくお願いします」

伊藤候補(公明・現)
「ヤングケアラーの問題にも取り組みをさせて頂いています。宿題ができなくなったり、学校に行けなくなったり、進路を考えられなくなったり、そんなふうに追い詰められている子どもたちがたくさんいる。その子どもたちを守っていくことで、誰1人取り残さない社会をつくる」

里村候補(幸福・新)
「ばらまきはもれなく増税を呼び込みます。増税をしたら、景気が悪くなります。減税こそが第1にすべきだ」

黒田候補(新風・新)
「党利党略だけの政治家だけに政治を任せておけば、国家国民の生活は安定しません。議会政治としての正常化を目指して頑張っていきたい」

末松候補(自民・現)
「感染症問題、ウクライナの問題、燃料の問題、食糧の問題、数々の問題を抱えておりますけれども、今求められるのは果敢に決断と実行していく大きな力である。政治の安定をぜひ目指さなければなりません。そのためには私と自由民主党に大きなお力を貸していただきたい」

山崎候補(N党・新)
「子育てしながらでも政治に参加できる。そういうことを証明したくて今回立候補しております。女性としての声、母親としての声、リアルな生活に密着した声を届けていきたい」

相崎候補(立民・新)
「子育て、教育、介護、医療を充実させて私たちが安心して暮らしていくことができる社会を国で徹底的につくっていきます。国に声をあげて、国を変えてそして私たちがしんどい思いや大変な状況を抱えることがないように、安心して暮らしていくことができる社会を国でつくっていきたい」

中曽候補(N党・新)
「テレビを見ていないのに受信料を払わないといけない。このようなおかしな問題をスクランブル放送の実現ということで私は実現してまいります」

小村候補(共産・新)
「日本を再び戦争する国にしてはいけません。軍事予算5兆円を11兆円にするというのは命や暮らしを守るための社会保障を切り捨てるか、消費税を大幅に上げるしかありません。今の物価高でも大変なのにこんなことはありえない」

沖縄【定員1】知事選にらみ与野党激しい戦いか

沖縄選挙区は定員が1です。

自民党は、総務省の元官僚の古謝さんを擁立し、公明党から推薦を受け、議席の奪回を狙います。

2回目の当選を目指す現職の伊波さんは、立憲民主党、共産党、れいわ新選組などが支持します。

沖縄では、9月に知事選挙も予定されていて、これもにらんだ与野党の激しい戦いが予想されます。
沖縄選挙区に立候補したのは、届け出順に
▽無所属の現職で立憲民主党沖縄県連、共産党沖縄県委員会、れいわ新選組、社民党沖縄県連合、沖縄社会大衆党が支持する伊波洋一氏(70)
▽自民党の新人で公明党が推薦する元総務省課長補佐の古謝玄太氏(38)
▽NHK党の新人で雑貨店店長の山本圭氏(42)
▽参政党の新人で元福岡県警警察官の河野禎史氏(48)
▽幸福実現党の新人で元沖縄気象台職員の金城竜郎氏(58)
以上の5人です。
伊波候補(無・現)
「基地のない平和な沖縄を、今こそ実現する再スタートにしようと。県民の立場で政府にしっかりと異議申し立てをし、そして沖縄の状況を改善をさせるよう取り組んでまいります」

古謝候補(自民・新)
「私は、これからの50年は、沖縄が日本を引っ張る時代になると確信しております。実行力、実現力は国、地方、民間で磨いてまいりました。県民の皆さまの声を力に変えて、沖縄の未来をつくる即戦力となります」

山本候補(N党・新)
「NHK党でございますので、NHKをぶっ壊すということを、党のみんなで、日本全国1人ずつ立ってますので、日本全国でやっていきたいと思ってます」

河野候補(参政・新)
「私は教育を特にやっていきたいと思っています。沖縄から日本、そして世界に飛び出していくようなですね、そういう人材を育成していきたいと思います」

金城候補(幸福・新)
「アメリカはもう台湾を沖縄を守ってくれるかどうかは分からない事態になっておりますので、自分の国は自分で守る」