昭和54年の「大崎事件」再審認めない決定 鹿児島地裁

43年前、鹿児島県大崎町で、義理の弟を殺害した罪で服役した95歳の女性が無実を訴えて再審=裁判のやり直しを求めていた「大崎事件」で、鹿児島地方裁判所は再審を認めない決定を出しました。

裁判のやり直しを求めていたのは、昭和54年に鹿児島県大崎町で義理の弟(当時42)を殺害した罪に問われ、懲役10年の刑が確定し、服役した原口アヤ子さん(95)です。

捜査段階から一貫して無実を訴えていた原口さんは、服役後、裁判をやり直すよう申し立て、これまでに3回、地裁や高裁が再審を認める判断を出しましたが、いずれも検察の抗告を受けて高裁や最高裁で取り消されたため、おととし、改めて再審請求をしていました。
これまでの審理で、弁護団は救急救命医による死因や死亡時期の鑑定などを新たな証拠として提出し、義理の弟が死亡したのは、死亡した当日、酒に酔って溝に転落して首に深刻なけがをし、その後、適切な救護措置が取られなかったのが原因で、殺人事件ではないと主張していました。

22日の決定で、鹿児島地方裁判所の中田幹人裁判長は、弁護団の提出した鑑定について「遺体の一部のみが写った1枚の写真から見て取れる、色や状態という限定的な情報から推論を重ねたもので、被害者の死因や死亡時期について、高い蓋然性がある決定的なものとはいえない」と指摘しました。

そのうえで「首を絞められ窒息死したという確定判決の認定に、合理的な疑いが生じるとはいえず、無罪を言い渡すべき明らかな証拠には当たらない」として再審を認めませんでした。

原口さん 「不当決定」パネル見せるとうなずく

原口アヤ子さんは、入院している病院で、支援者を通じて鹿児島地方裁判所の決定を聞きました。

面会した支援者によりますと、原口さんに「95歳の原口アヤ子さんにムチ打つ不当決定!」などと書かれたパネルを見せると体を起こし、うなずいていたということです。

支援者は「アヤ子さんはことばを話すことはできないが、ふだんの穏やかな表情とは違いました。誰に対するものかは分かりませんが、怒ったような表情を見せていました」と話していました。

弁護団「くじけず闘う」

原口アヤ子さんの弁護団や支援者は、鹿児島市内で記者会見を開きました。

この中で、再審を認めない決定が出たことについて弁護団の森雅美団長は「残念です。再審を認める決定が出た第1次の再審請求より、数段ちみつな証拠を提出したと思っていた。3年前の最高裁の壁が裁判官たちに大きくのしかかったのではないかと思う。疑わしきは申し立てた人の利益という大原則があるが、それが忘れられた決定だと思う。私たちが出した証拠を過小評価した、誤った評価にもとづく決定だと思うが、くじけることなく闘っていきたい」と述べて、高等裁判所に即時抗告する考えを示しました。

鹿児島地検「適切な判断をされたものと考える」

鹿児島地方検察庁の桑田裕将次席検事は「決定の詳細については精査中ですが、結論において適切な判断をされたものと考えています」とするコメントを出しました。

元裁判官の有志「説得力がない決定」

「大崎事件」で鹿児島地方裁判所が再審を認めなかったことについて、元裁判官の有志が異例の記者会見を開き「説得力がない決定だ。再審制度は無実の人を救済するためにあるべきだ」と批判しました。

22日の鹿児島地裁の決定を受けて、元裁判官10人が「刑事裁判の最大の役割は無実の者を処罰しないことで、新たな証拠で合理的な疑いが生じる限り再審で救済されるべきだ」とする声明を連名で発表しました。

記者会見で、東京高等裁判所の裁判長だった木谷明 元裁判官は「再審が認められると思っていたので承服できない。決定は新たに出された証拠の信用性だけを評価していて、有罪が確定した裁判での証拠と比較して総合的に判断することを全くしていない。50ページもあるが説得力はない」と批判しました。

そのうえで「大崎事件は20年前に再審開始決定が出ているのに、まだ救済されていない。再審制度は無実の人を救済するためにあるべきだ」と訴えました。

また、いわゆる「袴田事件」で8年前に静岡地裁の裁判長として再審を認める決定を出した村山浩昭 元裁判官は「裁判官たちは必ず無罪になるという結論を導き出せないと再審を認めてはいけないという思いになってしまっているのではないか。時間だけが引き延ばされて、本来、救済されるべき人の命が尽きてしまうおそれもある。人権と正義に関わる問題だ」と話していました。