ネットカフェ立てこもり 逮捕の男「人生に嫌気がさした」供述

21日夜、埼玉県川越市のインターネットカフェで男が20代の女性従業員を人質にとって個室に立てこもりましたが、警察は22日午前3時すぎに突入し男を逮捕監禁の疑いでその場で逮捕しました。女性は保護され、命に別状はないということです。

21日午後10時すぎ、埼玉県川越市脇田新町のインターネットカフェ「快活CLUB川越脇田新町店」の個室ブースで、男が22歳のアルバイトの女性従業員を人質にとって立てこもりました。

警察によりますと、個室ブースは鍵がかかっていて、警察は部屋のインターフォンなどを通じて説得にあたりましたが、5時間余りがたった22日午前3時17分ごろ、部屋に突入して身柄を確保し、逮捕監禁の疑いでその場で逮捕しました。

女性は保護され、命に別状はないということです。

逮捕されたのは住所・職業不詳の長久保浩二容疑者(42)で、警察の調べに対して「自分の人生に嫌気がさした」と供述しているということです。

容疑者は21日の午前中から店の個室を利用していて、女性従業員が隣の部屋で清掃をしているところに押し入り立てこもったということです。また、カッターナイフを所持していたということで、警察は詳しい状況を調べています。

発覚から逮捕までの経緯

事件は、21日午後10時すぎ、110番通報で発覚しました。

警察によりますと、午後9時55分ごろ22歳のアルバイトの女性従業員が、客の個室ブースに向かったまま戻ってこないことから店が通報したということです。

この個室ブースは容疑者が利用していて、警察は立てこもり事件として捜査を始めました。

個室ブースには鍵がついていて外から中のようすは分からず、捜査員は個室のインターフォンなどを通じて説得を続けていました。

そして、事件から5時間余りがたった午前3時すぎ、警察は部屋に突入し容疑者を逮捕監禁の疑いでその場で逮捕するとともに、女性従業員を保護しました。

当時店内にいた客「とんでもないこと起きていると感じた」

事件当時、現場のインターネットカフェを利用していた客の男性がNHKの取材に応じ、「立てこもりの現場とは思えないほど静かだったが、容疑者がいた個室の近くや店の外には多くの警察官が集まり、とんでもないことが起きていると感じた」と振り返りました。

男性によりますと、21日は夕方ごろから現場となった店を訪れていましたが、午後10時半ごろに利用していた部屋のドアをノックされました。

ドアを開けるとスーツ姿の警察官が立っていて、小さな声で「立てこもり事件が発生したので避難してください」と言われたため、急いで荷物をまとめて部屋を出たということです。

避難する際、店内はBGMの音しか聞こえず、立てこもりの現場とは思えないほど静かだったということですが、容疑者が立てこもっていた個室の近くには警察官が集まっていたということです。

店の外にも警察官が続々と駆けつけてきていて「とんでもないことが起きていると感じた」と当時の状況を振り返りました。

男性は容疑者が逮捕されて女性従業員が保護されたことについて「立てこもりが長引かずに解決されてよかった」と話していました。