カルガモの親子が線路内に 京成線一時運転見合わせ 無事に誘導

20日朝、千葉県習志野市の京成電鉄の実籾駅でカルガモの親子が線路内に侵入し、一時電車の運転が見合わされました。
カルガモは駅員によって線路の外に無事に誘導されたということです。

京成電鉄によりますと、20日午前8時50分ごろ、習志野市の実籾駅で非常停止ボタンが押され、駅員が確認したところ、線路上を歩くカルガモの親子が発見されました。

線路を歩いていたのは、親ガモが1羽と子ガモが6羽で、駅員がゴム製のモップを使って線路の外に無事に誘導したということです。

当時は通勤で混雑する時間帯でしたが、京成電鉄はカルガモが線路の外に出るまで電車の運転を10分ほど見合わせました。

ツイッターに投稿された動画では、駅の線路上で停車している車両のわきを親ガモと子ガモが列になって歩いている様子が確認できます。

撮影した人は「警報ブザーが鳴ったので、人かと思ったらカルガモの親子だったのでかわいくて撮りました。周りのひとたちも笑顔で、写真や動画を撮っていました」とコメントしています。

京成電鉄は「これまでカルガモが駅の線路内に入ったことは聞いたことがない。駅員が適切に線路の外に誘導できたと思う」とコメントしています。