埼玉 草加 建材店で火事 店員1人煙吸って搬送 消火活動続く

13日夕方埼玉県草加市の建材店で火事があり、消防によりますと女性店員1人が煙を吸って病院に運ばれました。火の勢いは弱まっていますが、現在も消火活動が続けられています。

13日午後5時ごろ埼玉県草加市の会員制の建材店「建デポ草加瀬崎店」で「火事が起きている」と警備会社から消防に通報がありました。

消防車など12台が消火活動にあたり、火は弱まっていますが、3時間余りがたった今も消火活動が続けられています。

消防によりますと、この火事で40代の女性店員1人が煙を吸って病院に搬送されたということですが、搬送当時、意識はあったということです。

また、火や煙の勢いが強かったため、市は近くのコミュニティーセンターに避難所を設けていて、夜になって避難する人の姿も見られました。

現場は東武伊勢崎線の谷塚駅から東に1キロ余り離れた住宅や店舗などが立ち並ぶ地域です。

現場近くの人は

現場から道路を挟んで南側で飲食店を営む店主の女性は、午後5時すぎに火の手が上がっているのに気付いたということです。当時、店内に客はいなかったということですが、安全のため急きょ店を閉めたということです。

店主の女性は「最初は店舗東側の1階部分から灰色の煙と火が上がっているのが見えた。10分ほどすると真っ黒い煙とともに西側にも燃え広がり、天井に届くほど激しく燃え上がっている。外に出るとすごい熱気で、あたりには焦げたようなにおいが充満している」と話していました。

また「従業員と見られる女性が2人ほど中から出てきたが、煙を吸ったのか足元がふらついていた。また中から客のものとみられる車も出てきて避難している様子だった」と話していました。

このほか、近所に住む70代の男性は「火事が起きた店は建材を売っていて、爆発音のようなボン、ボンというものすごい音がしました」と話していました。

近所の30代の女性は「火事があった店の前を通ることがありますが、こんな火事になると思わなかったのでびっくりました。火は怖いと思いました」と話していました。