英 ジョンソン首相 与党党首として信任 首相続投が決まる

イギリスのジョンソン首相は6日、与党・保守党内で行われた投票で党首として信任され、首相を続投することが決まりました。
ただ、投票した4割の議員が不信任を表明したことで再び辞任を求める声が出る可能性もあり、ジョンソン首相にとって厳しい政権運営が続くとみられます。

イギリスでは、新型コロナウイルスの厳しい規制が続く中、おととしや去年、首相官邸などでパーティーが開かれていた問題をめぐり、ジョンソン首相を含む80人以上が罰金を科されたほか、その後公表された政府の調査報告書も政権などの責任を厳しく指摘していて、ジョンソン首相に対する批判が高まっています。

与党・保守党は、ジョンソン氏を党首として信任できないという意向を伝えた下院議員が規定の数を超えたことから、6日夜、信任するかどうかを議員に問う投票を行いました。

投票は無記名で非公開で行われ、開票の結果、359人の下院議員のうち、
▼ジョンソン首相を信任するとした議員が211人、
▼信任しないとした議員が148人で、ジョンソン首相は過半数を確保し、党首として信任され、首相を続投することが決まりました。

ただ、ジョンソン首相を巡っては、一連のパーティー疑惑のほか物価の高騰など市民の不満も根強く、先月上旬に行われた最新の世論調査では、ジョンソン首相が首相として「よくやっている」と答えた人は26%だったのに対し、「よくやっていない」と回答した人は68%に上っています。

保守党のルールでは、信任投票を実施すれば今後1年間は再び実施することはできないとされています。ジョンソン首相は、党首として信任されず首相を退任する事態には至らなかったものの、信任投票が行われたことで、さらなる求心力の低下は避けられないとみられます。

再び辞任を求める声が出る可能性も

結果についてジョンソン首相は、「非常にいい結果だ。われわれは今こそ結束し国民の優先事項に取り組むことができる」としたうえで、引き続き政権運営を担う姿勢を示しました。
ただ、地元メディアは、投票したうちのおよそ4割にあたる議員の不信任の表明は、予想以上に多かったなどと伝えています。

イギリスでは次の総選挙も見据えた動きが出始めるなかで、ジョンソン氏が党首のままでは選挙に勝てないと考える議員もいて、再び辞任を求める声が出る可能性もあります。ジョンソン首相にとって、保守党内の協力が得られにくくなるなど、厳しい政権運営が続くとみられます。