IAEA事務局長 “北朝鮮が核実験準備の可能性” 懸念を表明

IAEA=国際原子力機関の理事会が6日から始まり、グロッシ事務局長は、北朝鮮が核実験の準備を進めている可能性があるとして、懸念を表明しました。

IAEAの理事会は、本部があるオーストリアのウィーンで6日から始まりました。

会合は非公開で行われていて、IAEAの発表によりますと、グロッシ事務局長は冒頭、北朝鮮について「プンゲリ(豊渓里)にある核実験場で、おそらく核実験の準備のために、坑道の一つが再び開いた兆候がみられる」と述べ、北朝鮮が核実験の準備を進めている可能性があるとして、懸念を表明しました。

さらにグロッシ事務局長は、ウクライナでロシア軍によって掌握されているザポリージャ原子力発電所について、ウクライナ側が核物質を管理できなくなったと伝えてきているなどとして「原発の安全に対する明確なリスクを突きつけられている」と、懸念を表明しました。

IAEAとしては、原発の安全確保に向け、現地に専門家チームを派遣する調整を続けているということです。