EEZで韓国が海洋調査 官房長官“事前の同意申請なく強く抗議”

島根県の竹島周辺の日本のEEZ=排他的経済水域で、韓国の調査船が海洋調査を実施していたことが確認されたことについて、松野官房長官は韓国側から事前の同意の申請がなかったなどとして、外交ルートを通じて抗議を行ったと説明しました。

外務省によりますと29日、島根県の竹島周辺の日本の排他的経済水域で、韓国の国立海洋調査院に所属する調査船が、断続的にワイヤーのようなものなどを海の中に投下して航行しているのを、海上保安庁の巡視船が確認しました。

これについて松野官房長官は午前の記者会見で「海洋の科学的調査について、韓国側からわが国に対し、事前に同意の申請はなされていない。韓国側に直ちに外交ルートを通じ、わが国のEEZでの事前同意のない海洋の科学的調査の実施は受け入れられず、即時に中止するよう強く抗議を行った」と述べました。

そのうえで「竹島は歴史的事実に照らしても、国際法上も明らかに日本固有の領土であり、韓国側の一連の行動は到底受け入れられない。わが国は竹島問題についての一貫した立場に基づき、引き続き韓国側に適切な対応を強く求めていく考えだ」と述べました。

また、韓国側から現場海域で調査していると応答があったほか、日本の抗議に対して外交ルートで韓国側の従来の立場を述べるとともに、今回の事実関係を確認するという反応があったと明らかにしました。

韓国「正当な活動 日本側の問題提起は受け入れられない」

29日に、島根県の竹島周辺の日本の排他的経済水域で、韓国の国立海洋調査院に所属する調査船が、断続的に、ワイヤーのようなものなどを海の中に投下して航行しているのを、海上保安庁の巡視船が確認しました。

これを受け、外務省の船越アジア大洋州局長は、日本の排他的経済水域で事前の同意を得ずに海洋調査を行っていたことは国連の規定に反するもので受け入れられず、直ちに中止すべきだとして、韓国側に強く抗議しました。

これについて、韓国外務省は30日午後、コメントを出しました。

この中では「国連海洋法条約などの国際法や、関連する国内法令に基づいて行われた正当な活動に対する日本側の問題提起は、受け入れられないという立場だ」としています。

韓国は、竹島を「トクト」(独島)と呼んで領有権を主張しています。

30日も調査船が海中にワイヤーのようなもののばすのを確認

竹島周辺の日本のEEZ=排他的経済水域では、韓国の海洋調査船が30日もワイヤーのようなものを海中にのばしているのが確認され、海上保安庁が改めて中止を要求しました。

第8管区海上保安本部によりますと、28日から29日にかけて韓国の海洋調査船「HAE YANG2000」が島根県の竹島周辺の日本の排他的経済水域でワイヤーのようなものなどを海中にのばしているのを海上保安庁の巡視船が確認し、日本の同意のない調査活動は認められないとして、無線で調査を中止するよう要求しました。

その後、この調査船は30日午前中にも竹島周辺の日本の排他的経済水域で同様の行動をとっているのが確認され、海上保安庁の巡視船が正午前に改めて中止を要求しました。

調査船は応答しなかったものの、午後になってワイヤーのようなものを回収し、午後4時すぎに日本と韓国の地理的中間線を越えて韓国側に向かったということです。海上保安庁は、今後も警戒を続けるとしています。