面識ない男性を暴行し死亡させたか 傷害致死の疑いで再逮捕へ

東京 渋谷区の病院に大けがをした男性が運び込まれてその後死亡した事件で、警視庁は暴行の疑いで逮捕された容疑者が面識のない男性を暴行し死亡させたとして、26日にも傷害致死の疑いで再逮捕する方針です。

今月18日、東京 渋谷区の病院に派遣社員の田中寿和さん(当時50)が全身にけがをした状態で運ばれてまもなく死亡し、警視庁は病院から立ち去った飲食店従業員の村田圭司容疑者(32)を暴行の疑いで逮捕しました。

田中さんは午前8時ごろに東京 新橋のコンビニエンスストアで顔などを殴られ、さらに容疑者が勤務するガールズバーに連れて行かれて暴行を受けたことが分かっていますが、頭に固い物で殴られたような傷が複数あったことが警視庁への取材で分かりました。

ガールズバーの店内を調べたところ、血の付いた瓶が残されていたということです。

警視庁は、面識のない被害者を一方的に暴行して死亡させたとして、村田容疑者を26日にも傷害致死の疑いで再逮捕する方針で、事件の詳しいいきさつを調べることにしています。

警視庁によりますと「トラブルになったが、酒に酔っていたので原因は分からない」などと供述しているということです。