イラン 10階建て商業ビルが倒壊 11人が死亡 救助活動が続く

イランの南西部で10階建ての商業ビルが突然、倒壊し、国営メディアはこれまでに11人が死亡し、32人がけがをしたと伝えています。現地では、がれきの下にまだ取り残されている人がいる可能性があるとして救助活動が続いています。

イランの国営メディアによりますと、23日の正午ごろ、南西部フーゼスタン州の都市アバダンの中心部にある10階建ての商業ビルが突然、倒壊しました。

これまでに11人の死亡が確認されたほか、32人がけがをしたと伝えています。

ビルは最近完成したばかりで、オフィスや商業施設などが入っていたということですが、当時どの程度の人がビルの中にいたのかは明らかになっていません。

現地では、ビルのがれきの下にまだ取り残されている人がいる可能性があるとして、がれきを撤去しながらの救助活動が続いています。

当局は倒壊したビルでは規定よりも多くの階が建設されていた疑いがあるとみて、倒壊した原因を調べています。