三井住友トラストHD 暗号資産管理する国内初の信託会社設立へ

不正なアクセスによる暗号資産の流出が課題となる中、三井住友トラスト・ホールディングスは、交換会社と組んで、暗号資産を管理する信託会社の設立に向けて検討に入ったことを、正式に発表しました。
設立されれば、国内で初めてで、暗号資産を活用したビジネスや投資の拡大につなげたいねらいです。

発表によりますと、三井住友トラスト・ホールディングスは、暗号資産交換会社のビットバンクと共同で、企業や機関投資家が持つビットコインなどの暗号資産を管理する信託会社の設立に向け検討していくことで基本合意しました。

インターネット上の仮想空間「メタバース」やオンラインゲームなどで暗号資産の利用が広がる中、欧米では資産を管理する事業に大手金融機関が相次いで参入し、企業や機関投資家が顧客となって、暗号資産を活用したビジネスや投資も拡大しています。

これに対して、日本ではこれまで暗号資産の管理を手がける大手金融機関はなく、暗号資産を対象とした信託会社が設立されれば、国内で初めてとなる見込みです。

両社では、三井住友トラストが持つ資産管理のノウハウと、ビットバンクの持つ暗号資産取り引きなどに関する技術を活用し、安全性を高めるとしていて、暗号資産関連のビジネスや投資の拡大を促していきたい考えです。