仮想の住宅を見学体験 メタバース住宅展示場オープンへ 茨城

「メタバース」と呼ばれるインターネット上の仮想空間で、仮想の住宅の見学を体験できる店舗を、大手住宅メーカーが茨城県つくば市にオープンすることになりました。

大手住宅メーカーの大和ハウス工業がつくば市の大型商業施設「イーアスつくば」内にオープンする店舗では、この会社がインターネット上で展開している「メタバース住宅展示場」を体験することができます。

利用者は店舗内で端末を操作し、分身のアバターを通じて家の中を歩くような感覚で見学したりアバターどうしで会話したりできます。

また、壁紙や床、キッチン設備の色を仮想空間上で変えることもでき、自分の好みに合った室内の雰囲気を確かめることもできます。

メーカーによりますと、新型コロナの影響で住宅展示場の来場者数が減っていますが、メタバースを活用したサービスは珍しいということで、商業店舗内に設けることで利用の促進を図りたいとしています。

大和ハウス工業の大友浩嗣常務は「リモートで仮想空間内に家族一緒に入り、同じものを見ながら会話したり、いろんな角度から住宅を見てみるなど、メタバースのよさを体感してほしい。コロナ禍で変わるライフスタイルに対して、リアルとネットのハイブリッド店舗としてぜひ利用してもらいたい」と話していました。