ウクライナから日本へ避難した人1040人に 就労など支援が課題

ロシアによる軍事侵攻から24日で3か月になります。ウクライナから日本に避難した人たちは1040人に上っています。避難生活が長期化し、ことばや就労などの支援が課題となる中、ニーズに応じた対応が求められています。

政府はウクライナからの避難民を積極的に受け入れる方針で、ウクライナから日本に避難した人たちは、岸田総理大臣が受け入れを表明したことし3月2日以降、22日までに1040人に上っています。

月別にみると、3月が351人、4月が471人、5月が218人です。

このうち少なくとも13人はすでに日本から出国しています。

政府は避難してきた人たちに90日間の短期滞在を認める在留資格を付与していて、本人が希望すれば就労が可能で1年間滞在できる「特定活動」の在留資格に変更することができます。

22日の時点で在留資格を変更した人は、722人に上ります。

また、22日までに3人が難民申請を行ったということです。

政府はウクライナから避難した人たちのうち、日本に親族などの受け入れ先がない人については、一時的な滞在先としてホテルを確保し、受け入れ先となる自治体や企業などを探していて、これまでに6世帯11人が東京と京都の自治体などで受け入れが決まったということです。

一方、避難した人たちの中には、タイミングをみて帰国を望んでいる人たちもいるということです。

避難生活が長期化し、ことばや就労、教育などの支援が課題となる中、ニーズに応じた対応が求められています。

複雑な思い抱える避難者たち

ウクライナから避難した人たちの中には、日本にとどまり続けることに、複雑な思いを抱えている人たちもいます。

ウクライナ東部から避難したセルヒィ・ヴィルリッチさん(66)と妻のリボフ・ヴィルリッチさん(59)は、ことし3月10日に埼玉県に住む娘の根本ユリアさん夫妻を頼って、孫のブラッド・ブラウンさん(12)とともに入国しました。

3人は避難生活の長期化を見据え、先月、在留資格を90日間の「短期滞在」から就労が可能で1年間滞在できる「特定活動」に変更しました。

夫妻は、地元の公民館で開かれる日本語教室に通っているほか、娘のユリアさんと一緒に買い物に出かけるなどして過ごしていて、妻のリボフさんは近くの病院で持病の治療も受けているということです。

ブラウンさんはオンラインでウクライナの学校の授業を受けていて、近所の小学校で日本の子どもたちと交流する機会もあるということです。

セルヒィさんは、持病がある妻を日本でサポートしたいという気持ちがある一方、もう1人の娘の家族が生活し、仕事も残してきたウクライナに帰国したいという思いも強いということです。

セルヒィさんは「日本にだいぶ慣れてきましたがウクライナにも家族が残っているので、サポートするために帰国したい気持ちもある。どうすればよいか迷っていて、苦しいです」と胸の内を明かしました。

妻のリボフさんは「ウクライナでは薬が手に入らないので戻るのはまだ難しいです。ウクライナに残っている娘が心配なので戦争はできるだけ早く終わってほしいです」と話していました。

また、孫のブラウンさんは「ウクライナの友達とオンラインではなく、一緒に勉強したいです。日本での生活は楽しくなってきましたが、家族に会いたいので一回、戻りたいです。ウクライナのみんなが無事でいることを祈ってます」と話していました。