知床 観光船つり上げ作業が完了 海面下20メートル程度まで

北海道・知床半島沖で観光船が沈没し乗客14人が死亡、12人の行方が分からなくなった事故は、発生から1か月がたちました。海底に沈んだ船は23日、海面の下20メートル程度の海中までつり上げられ、早ければ24日にも作業船の上に引き揚げられる見通しです。

先月23日、知床半島の沖合で乗客・乗員26人を乗せた観光船「KAZU 1」(19トン)が沈没した事故は、乗客14人が死亡、今も12人の行方が分かっていません。

事故の発生から1か月がたった23日も、第1管区海上保安本部や自衛隊などは現場周辺の海上や陸上で行方不明者を捜していますが、時間の経過とともに捜索は難航しています。

また、今月19日にロシア側から北方領土の国後島の西岸で見つかったと連絡があった遺体について、海上保安本部は男性であることを明らかにしました。

近くで見つかった運転免許証などから甲板員の曽山聖さんの可能性もあるとみて、外務省を通じて確認を進めています。

一方、23日、沈没現場では「KAZU 1」の船体が深さおよそ120メートルの海底から海面の下20メートル程度の海中につり上げられました。

関係者によりますと、これまでに船の左側面の後方付近に穴が開いているのが確認されているということです。

船体は海中でつった状態のまま作業船に固定され、現在、斜里町沖の水深の浅い海域に向かっているということです。

国土交通省は早ければ24日にも作業船の上に船を引き揚げる方針です。

今回の事故をめぐっては、運航会社の「知床遊覧船」が観光船との定点連絡を怠っていたことや、十分な連絡手段を確保していなかったことなどずさんな安全管理の実態が次々と明らかになり、海上保安本部は業務上過失致死の疑いで捜査しています。

今後、引き揚げられる船体の状況を詳しく確認し、事故の原因や会社側の過失の有無について調べを進めることにしています。

水面下に観光船の船体

23日午後3時すぎ、つり上げ作業が完了した現場海域で、作業船のそばの水面下に観光船の白い船体が見えました。

船をロープで固定する作業のため、一時的に海面近くまで船体をつり上げたことで、うっすらと姿を現した形です。

このあと水深20メートルの海中まで船体を降ろし、この状態のまま斜里町沖まで移動させる見通しです。

引き揚げに伴う一連の作業 費用は10億円 国が負担の見通し

国土交通省によりますと、観光船の引き揚げに伴う一連の作業の費用は10億円に上ります。

民間のサルベージ会社に作業を委託していて、行方不明者の捜索や引き上げに向けた方法の検討のための水中カメラや潜水士による海底に沈んだ船の調査で、およそ8億7000万円がかかっています。

また、船をつり上げるなどして実際に引き揚げるための費用がおよそ1億4000万円だということです。

国土交通省は、観光船の所有者である「知床遊覧船」に費用負担を求めることも検討しましたが、法律的な根拠がないことから請求はできないということで、一連の作業の費用は国が負担することになる見通しです。