大谷翔平が日米通算150号 6試合ぶりの今季9号ホームラン

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が22日のアスレティックス戦で今シーズン9号ホームランを打ち、プロ野球・日本ハム時代と合わせて日米通算150号に達しました。

大谷選手は、22日、本拠地のエンジェルスタジアムで行われたアスレティックス戦に1番・指名打者で先発出場しました。

大谷選手は1回の第1打席に2球目の甘く入った変化球をとらえてセンターへ今シーズン9号となる先頭打者ホームランを打ちました。

先頭打者ホームランは今シーズン2回目で、これで大リーグ通算102本目となり、プロ野球・日本ハム時代の通算48本と合わせて日米通算150号に到達しました。

ノーアウト満塁のチャンスで迎えた2回の第2打席は、鋭い打球がライトライナーとなり飛び出していた二塁ランナーが戻れずダブルプレーとなりました。

4回の第3打席はインコース低めの変化球を捉えたものの相手の好守備に阻まれファーストライナーで、6回の第4打席は、サードゴロでした。

8回の第5打席は、ツーアウト一塁の場面で一、二塁間へのゴロがショートへの内野安打となり2試合連続の複数安打をマークしました。

大谷選手は、5打数2安打1打点で打率は、2割5分9厘となり、試合もエンジェルスが4対1で勝って2連勝です。

飛距離は今季最長 135メートル

大谷選手の日米通算150号となる今シーズン9号ホームランは、打球速度が175.2キロ、飛距離は135メートルで今シーズン最長となる大きな当たりでした。

大谷のホームランで最も飛距離が長かったのは、去年6月8日のロイヤルズ戦でマークした143.2メートルです。

マッドン監督「ナイスショットだった」

エンジェルスのマッドン監督は、大谷選手のホームランについて「美しい、堂々としたホームラン。ナイスショットだった。きょうの翔平は全体的にかなりよかったと思う」と趣味のゴルフに例えて称賛しました。

エンジェルスは打率3割7分、ホームラン9本と絶好調だったウォード選手が20日の試合で首のあたりを痛めた影響で大谷選手をここ2試合、1番で起用しています。

マッドン監督はウォード選手の復帰後も大谷選手を引き続き1番で起用するかと問われると「それは考えていない。ウォードが帰ってきたら、翔平は通常の位置に戻す」と話し、再び中軸での起用に戻す考えを示しました。