韓国情報機関 “北朝鮮 核実験準備完了 ミサイル発射兆候も”

韓国の情報機関は、北朝鮮が7回目の核実験の準備をすべて終え、実施のタイミングだけを見計らっている段階だという見方を示しました。

これは韓国の情報機関、国家情報院が19日、国会の情報委員会で明らかにしました。

出席した議員によりますと、この中で、国家情報院は2017年9月以来、7回目となる核実験に向けた北朝鮮の動向について、国内で新型コロナウイルスの感染が広がっている中にあっても、北東部プンゲリ(豊渓里)にある核実験場での準備はすべて終わり、実施のタイミングだけを見計らっている段階だという見方を示したということです。

また、これと合わせてミサイル発射の兆候も捉えられているとの報告もあったということです。

これに先立って、アメリカのサリバン大統領補佐官は18日、バイデン大統領が20日から日韓両国を歴訪する間にも、北朝鮮が長距離弾道ミサイルの発射や核実験に踏み切る可能性があるという見方を示していて、関係国が警戒を強めています。

一方、国家情報院は、北朝鮮での新型コロナウイルスの感染状況についても報告し、感染拡大のピークが今月末から来月初めになると推定していることを明らかにしたということです。

秋葉国家安全保障局長 韓国の国家安保室長と初会談 協力で一致

秋葉国家安全保障局長は19日午前、韓国の新政権発足に伴って就任したキム・ソンハン(金聖翰)国家安保室長と初めて電話で会談しました。

この中で両氏は、ICBM=大陸間弾道ミサイル級も含めミサイルの発射を繰り返すなど、北朝鮮が核・ミサイル活動を強化していることは国際社会への深刻な挑戦だという認識を共有し、日韓両国や日米韓の3か国の協力が重要だという認識で一致しました。

また両氏は、拉致問題への対応に加え、冷え込んだ日韓関係の改善に向けて緊密に意思疎通を図ることを確認しました。

韓国通信社 “北朝鮮 ICBMに燃料注入” 数日以内に発射か

韓国の通信社、連合ニュースは19日に「韓国とアメリカの当局が、北朝鮮がICBM=大陸間弾道ミサイルに燃料を注入する状況を把握した」と伝えました。

詳しい状況については報じられていませんが、北朝鮮のICBM級の弾道ミサイルには液体燃料が使われていて、注入したあとは燃料タンクが腐食するおそれがあるため数日以内に発射しなければならないとされていることから、発射が差し迫っているという見方が強まっています。