プロ野球結果 パ・リーグ ロッテが首位楽天に延長サヨナラ勝ち

プロ野球は6試合が行われ、パ・リーグは5位のロッテが延長10回、1対0で首位の楽天にサヨナラ勝ちしました。

セ・リーグ

▽ヤクルト 対 阪神は阪神が8対1で勝ちました。
阪神は1回にマルテ選手の1号ソロで先制し、2回に先発の西純矢投手がみずからプロ初ホームランとなるツーランを打ち、3回には大山選手の6号スリーラン。6回には佐藤輝明選手の10号ソロで得点を重ねました。先発の西純矢投手は9回1失点の好投を見せ、プロ初完投で2勝目を挙げました。
ヤクルトは先発の高橋投手が3回6失点と役割を果たせず、ヤクルトは引き分けを挟んでの連勝が3で止まりました。

▽巨人 対 広島は巨人が4対2で勝ちました。
巨人は2回にポランコ選手の8号ソロで先制し、5回にはウォーカー選手の8号スリーランで追加点を挙げました。先発の山崎伊織投手は6回途中を1失点の好投で2勝目、大勢投手が15セーブ目を挙げました。
広島はチャンスの場面で畳みかけられず、引き分けを挟んで3連敗となりました。

▽中日 対 DeNAはDeNAが7対6で勝ちました。
DeNAは4回までに牧選手の10号スリーランなどで5点をリードしましたが、その後、追いつかれ、7回に代打・藤田選手のタイムリー内野安打などで2点を勝ち越しました。3人目の田中健二朗投手が2勝目を挙げました。
中日は7回に4人目の祖父江投手が打たれました。

パ・リーグ

▽西武 対 ソフトバンクはソフトバンクが3対2で勝ちました。
ソフトバンクは2対2の7回、柳田選手のタイムリーで勝ち越しました。2人目の藤井投手が4勝目を挙げました。
西武は2点を追う6回に、山野辺選手のタイムリーツーベースなどで追いつきましたが直後の7回に2人目の水上投手が崩れ、3連敗となって勝率が5割を切りました。

▽オリックス 対 日本ハムは日本ハムが11対4で勝ちました。
日本ハムは3対3の6回、清宮選手のタイムリーと石井選手の2点タイムリースリーベースで3点を勝ち越し、7回には万波選手のこの試合2本目のホームランとなる7号スリーランなどで5点を加えました。2人目の吉田投手が3年ぶりの白星を挙げました。
オリックスは連勝が「3」で止まりました。

▽ロッテ 対 楽天は延長10回、ロッテが1対0でサヨナラ勝ちしました。
ロッテは0対0で迎えた10回、先頭のマーティン選手が2号ソロホームランを打って試合を決めました。先発の小島投手が7回をヒット4本、無失点と好投し、4人目の東條投手が2年ぶりの白星を挙げました。
楽天は延長10回、1アウト三塁のチャンスを生かせず直後に6人目の酒居投手が打たれました。