中国軍爆撃機2機 沖縄本島・宮古島の間の上空飛行 防衛省

防衛省は東シナ海方面から来た中国軍の爆撃機2機が18日午前、沖縄本島と宮古島の間の上空を飛行し、太平洋との間を往復したのを確認したと明らかにしました。

確認されたのはいずれもH-6爆撃機で、対艦ミサイルのようなものが搭載されていたということです。

航空自衛隊の戦闘機がスクランブル=緊急発進して警戒・監視に当たり、領空侵犯はありませんでした。

沖縄の南の太平洋では今月上旬以降、中国海軍の空母「遼寧」の部隊が展開していて、搭載されている戦闘機やヘリコプターが200回以上発着したのが確認されています。

防衛省は空母の活動と連動している可能性も含め、爆撃機の飛行の目的を分析するとともに警戒と監視を続けています。