巨人 打率リーグトップの吉川尚輝 けがから復帰 1軍の選手登録

プロ野球、巨人で1番を打ち、打率リーグトップをマークしている吉川尚輝選手が、左肩甲骨のけがから復帰し、17日、1軍の出場選手に登録されました。

吉川選手は今月4日の広島市のマツダスタジアムで行われた広島戦で、左肩付近にデッドボールを受け、左肩甲骨の骨挫傷と診断されて、その後、1軍の出場選手登録を抹消されました。

2軍で調整を続けていた吉川選手は、15日に所沢市で行われた西武との2軍の試合に1番・セカンドで出場し、4本のヒットを打つなど順調に回復し、17日、1軍の出場選手に登録されました。

吉川選手は17日の試合前のバッティング練習ではライナー性の当たりを飛ばしていたほか、セカンドの守備でも軽快にボールをさばいていました。

現在3位のチームにとって、打率リーグトップの3割4分1厘をマークし、セカンドの守備範囲も広い吉川選手の復帰を、巻き返しにつなげられるか注目です。