ルネサス 閉鎖した山梨の工場で生産再開へ 半導体需要増に対応

世界的に半導体不足が続く中、大手半導体メーカーのルネサスエレクトロニクスは、一度閉鎖した山梨県の工場に新たな設備を導入し、生産を再開させると発表しました。EV=電気自動車向けを中心に国内での量産を目指します。

生産を再開するのは、山梨県甲斐市にあるルネサスエレクトロニクスの子会社の工場です。

この工場は業績不振に伴う経営合理化のため2014年に閉鎖され、3つあった建屋のうち2つは取り壊していましたが、会社では残っていた建屋におよそ900億円をかけて新たな設備を導入し、再来年、2024年中に半導体の生産を再開するとしています。

半導体をめぐっては、通信機器や家電のほか、自動車向けの製品が世界的に不足し、今後はEV=電気自動車向けの需要も急増するとみられています。

再開する工場は、これらの需要に対応するため、電力を制御する「パワー半導体」の量産を目指すということです。

会社としてパワー半導体の生産能力は2倍に増える見込みで、新たに必要となる200人から300人の従業員のうち、半数ほどは山梨県内から採用するとしています。

産業に欠かせない半導体の確保に向けて、最近は海外メーカーの工場誘致や日本メーカーによる国内での設備投資が一段と活発になっています。

半導体不足 日本メーカーの設備投資活発に

半導体不足が長引くなか、日本のメーカーの間ではこのところ半導体関連の設備投資が活発です。

富士電機はパワー半導体を製造する青森県の工場で新たな設備投資に乗り出しました。来年度までの5年間の投資額は1900億円にのぼるとしています。

三菱電機が広島県の工場の生産能力を増強するなど、2025年度までの5年間でパワー半導体の事業に1300億円を投じる計画を明らかにしました。

東芝も1000億円をかけて石川県のパワー半導体の工場の生産能力を増強するほか、半導体の製造装置をつくる東京エレクトロンも770億円余りをかけて宮城県と熊本県に新たな開発拠点をつくるとしています。

日本の半導体産業はアメリカ、韓国、台湾に大きく差をつけられましたが、デジタル化や車の電動化で需要が急拡大するなか、今後も日本メーカーの間で生産能力を引き上げようという動きが広がりそうです。